本文へスキップ

〒731-0223 広島市安佐北区可部南5丁目8-70 TEL.082-814-5801

児童発達支援センター(就学前のお子さんが対象)

 わかば園、くすのき園の二つの児童発達支援センターがあります。一人ひとりの子どもが集団生活や社会的自立ができるように療育を行います。
 毎日通園を基本とするわかば園、くすのき園では、各園の活動だけでなく、両園の一体化運営により、幅広い生活体験や交流の機会を持ち、発達を総合的に支援します。また、地域社会の中で、その子らしく生活を送れるように、保護者と協力し、療育を進めていきます。

療育目標

 一人ひとりの子どもの「障害・発達・生活」に視点をあて、今を生きる主権者として、育ちゆく未来に向けて、豊かに育つように、次の「子ども像」を目指して療育を進めていきます。

      子ども像

・命を大切にする子ども
・生活習慣を身につけようとし、持っている力を使おうとする子ども
・感性を育て、自分で考え、豊かに表現しようとする子ども
・集団の中で楽しく遊び、お互いを認め合いながら意欲的に行動する子ども

わかば園(医療型児童発達支援) 週5日通います

 運動機能に課題のある子どもが、集団の中でさまざまな体験をすることで、基本的な生活習慣や社会性が身につくように療育を行います。また、保護者と一緒に日常生活動作の促進や機能訓練を受けます。

くすのき園(児童発達支援) 週5日通います

 知的に遅れのある子どもが、集団の中でさまざまな体験をすることで、基本的な生活習慣や社会性が身につくように療育を行います。

●入園1年目は親子で通園し、保護者とともに園生活を送り、子どもさんの生活習慣を高め、あそびを拡げ社会性を育むために保護者とともに取り組みを進めていきます。

●毎日通園が基本のわかば園、くすのき園では、一年間を通して季節の文化行事や地域別療育、水泳療育、保育園との交流保育も実施します。

●一日の流れ                      
 時間 活動内容
 9:30





 11:40
 13:00
 14:10
 14:45
・登園
・身辺整理
・ 自由あそび(戸外あそび)
・おはようの集い
・設定保育
(課題別グループ療育・親子療育等)
・給食(食事支援)
・午睡
・お帰りの集い
・降園

●年間行事
 4月

 6月
 7月
 8月
 10月
 11月
 12月

 1月
 2月
 3月
・入園式、始園式
・春の遠足 
・家族参観日
・おとまり会
(夏季休み)
・運動会
・収穫祭
・お楽しみ会
(冬季休み)
・家族参観日
・節分の会
・年長さんを送る会
・卒園式
 

   



くすのき園発達障害児クラス「あおぞら」(児童発達支援) 週1回程度通います

 発達支援を必要とする子どもたちが、さまざまな活動を経験することで意欲を高め、コミュニケーションスキルなどの対人技能を育てていきます。
 子育ての参考になる支援を、保護者の方と一緒に考えていきます。
 子どもさんの理解や支援につながるように、保育園や幼稚園等と連携していきます。

〜より良い療育とするために〜
○保護者の方の子育てに対する希望と、子どもさんの現状を考慮して児童発達支援計画を作成します。
○児童発達支援計画をもとに、子どもさんの発達課題に合った支援を行います。

●個別療育の流れ(40分間)
 活動内容
 身辺整理
 個別療育
  ・運動あそび
  ・コミュニケーション課題など必要に応じて変わります
 おやつ
 個別保護者懇談
 身辺整理

●集団療育の流れ(1時間30分)
時間 活動内容
  9:30
(14:00)




 11:00
(15:30)
 身辺整理
 運動あそび
 集団あそび
 個別課題
 おやつ
 帰りのつどい
 身辺整理
*保護者の方は別室で研修や懇談を行います


〈1日利用定員〉 10名(発達障害児クラス)




バナースペース

広島市北部こども療育センター

〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目8-70

TEL 082-814-5801
FAX 082-815-0541



社会福祉事業団トップページへ

社会福祉事業団 施設紹介