本文へスキップ

広島市発達障害者支援センターは発達障害に関する相談機関です。

TEL 082-568-7328

〒732-0052 広島市東区光町二丁目15番55号

広島市発達障害者支援センター






   広島市発達障害者支援センター

広島市発達障害者支援センターは、広島市にお住まいの発達障害のある方やそのご家族、関係機関の方から、発達障害に関する相談をお受けしています。


  • 運営主体:広島市発達障害者支援センターは、平成17年10月に、広島市から社会福祉法人広島市社会福祉事業団が事業の委託を受け運営しています。
  • 開館時間:午前8時30分〜午後5時15分 ※来所相談は、予約制です。利用方法のページをご覧ください。
  • 休館日 :土・日・祝日・8月6日・12月29日〜1月3日
  • 電話番号:082−568−7328

【ダウンロード】

  • 「相談受付シート」(A4サイズ3ページ)〜初めて相談に来られる場合、印刷が可能でしたら、予めご記入いただき、来所相談当日にお持ちください。

    PDFファイルはこちら
    エクセルファイルはこちら

  • (※準備中)リーフレット「広島市発達障害者支援センターごあんない」

お知らせ新着情報


新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みについて、皆様のご協力をお願いいたします。

ご来館時には、以下の取り組みへのご協力をお願いしております。
・マスクの着用(特性や体質で難しい場合はご相談ください)
・手洗い、手指消毒
・健康チェック、検温の実施


なお、健康チェックの結果、来館されたご本人やその同居家族の方に以下の項目に一つでも当てはまる方がおられる場合、入館をお控えいただくことがありますので、ご理解の程お願いいたします。

○発熱について
・37.5度以上の発熱がある方
・発熱が、平熱より1度以上高い方
・発熱の症状発症から丸5日経過していない方
・解熱後、丸2日(乳幼児期の場合丸3日)経過していない方
○その他の症状について
・風邪症状(咳、鼻水、のどの痛み)がある方
鼻炎・花粉症等のアレルギーによる風邪類似症状等がある場合、事前(来所日前、2週間以内)に鼻炎・花粉症等であると医師の判断を受け、治療中であることが分かるもの(お薬手帳など)をご提示ください。
・強いだるさや息苦しさがある方
・腹部症状(吐き気、嘔吐、下痢便)がある方
・腹部症状を発症した日から、5日経過していない方
・腹部症状が消失した後、24時間経過していない方
・筋肉痛、発疹等がある方

また、来館される方やその同居家族の方が通われている学校、事業所、勤務先などが、新型コロナウイルス感染症に関連する理由で臨時に休業している場合は、来館される前にお電話でご相談くださいますようお願いいたします。



新型コロナウイルス感染症対策については、日々状況が変化しております。ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
判断に迷われる場合や、ご不明な点がありましたら、当センター(082−568−7328)までお問い合わせください。





バナースペース

広島市発達障害者支援センター

〒732-0052
広島市東区光町二丁目15番55号

TEL 082-568-7328
FAX 082-261-0545


広島市社会福祉事業団 トップページ

広島市社会福祉事業団 施設紹介